速筋と遅筋の違いを短距離と長距離の選手の違いで比較してみた

      2017/03/08


a0006_000031

Sponsored Link

速筋と遅筋とは?

みなさん、突然ですが、筋肉には、速筋と遅筋が存在するのは、ご存じですか?

あまり筋肉について詳しくない方だと、速筋と遅筋と聞いても何の事だか、さっぱりわからない方も多いと思います。

例えれば、速筋とは、短距離走の選手のような筋肉、遅筋は長距離走の選手のような筋肉となります。

テレビなどで、ご覧になった方は、結構多い事だろうと思いますが、長距離走選手の体は、割と筋肉隆々の体をしている人が多くて、短距離走の選手の体は、細くてかなりスレンダーな体をされておられる人が多いと思います。

つまり、速筋は、太くて強い筋肉で、遅筋は、細くてしなやかな筋肉と言った所でしょうか。

Sponsored Link

速筋と遅筋のトレーニングについて

さらに、速筋と遅筋のトレーニングの違いで言えば、腕立て100回や腹筋100回を行うといったトレーニングは、基本的に遅筋が鍛えられ、ベンチプレス100㎏を10回挙げるといったトレーニングでは、速筋が鍛えられるという事になります。

つまり、低負荷のトレーニングを多い回数行えば、遅筋が鍛えられ、高負荷のトレーニングを少ない回数行えば、速筋が鍛えられると言う事になります。

その為に、基本的に速筋のトレーニングは、遅筋のトレーニングに比べて短時間で終わる場合が多いように感じます。

その為に、日頃忙しくて、なかなか体を鍛える時間が取れない方には、比較的、短時間で終わる事が出来る速筋のトレーニングがおススメと言えます。

体を鍛えてみたいけれど、なかなか筋トレの時間がなかなか取れないような方々は、比較的に短時間で行う事が出来る速筋のトレーニングを行ってみては、いかがでしょうか?

 - 筋トレ , ,