【ふくらはぎの筋トレ・カーフレイズのやり方】回数・重量の設定方法

      2015/12/09

01b7d45bf71074a629293e45f25b7c883efc7c4813

今回はふくらはぎの筋トレ・カーフレイズのやり方について書いていきます。
ふくらはぎを細くしたい・カッコ良くしたいと思ってる方は、ぜひご覧くださいね!!

Sponsored Link

カーフレイズのやり方

01ef2dc2ec852dd5f91b923ba5c2bc37abcd6a1783

まずこのトレーニングを行う前に、ダンベルのプレート×2・板などを下の画像様に床に敷いて行って下さい。

プレート

016da1e4415795d34176fcb2f40f865ed63bc6ef98

プレートで行う場合は、2枚必要となります。

0194df579661549496d513c3eb81b875c937c8b5f4

板は上の画像の様に

  • 分厚過ぎない
  • 少し薄い

ぐらいの物を用意して下さい。

下の①~②を繰り返し行って下さい!!

015e59e57337de2b8e46f8d1e70e447aa1c74e9a12

  • プレートや板などにつま先を乗せる(大体指全部が乗るぐらいの位置)
  • かかとは地面につける
  • 足の幅は肩幅ぐらい

01ef2dc2ec852dd5f91b923ba5c2bc37abcd6a1783

  • かかとを真上に上げる
  • つま先はプレートなどに着けたまま行う
  • 体のバランスを崩さないレベルで、出来るだけ上に上げる

常に意識して欲しいポイント

  • 体は真っ直ぐに保つ
  • ふくらはぎを意識する

です。
結構フォームが分かり易い筋トレなので、ふくらはぎを鍛えたい方にはおすすめです。

Sponsored Link

重りを持って行う場合の回数・重量の設定方法

IMG_0024

自重で効かなくなって来た方はダンベルやプレートなどを持って行うと、また効かせる事ができます。
この場合のフォームの注意点は普通に行う場合と全く一緒です!!

重りを持って行う場合

  • 低負荷高回数
  • 1セット20~30回程

と言う回数・重量の設定方法がおすすめです。
ぜひ参考にして下さいまし 🙂

ふくらはぎについて

01de772addd176690b2ca760840aa5c491ac89c42d

では今回鍛える事ができるふくらはぎについての説明です。
結構重要な部位なので、あまり良く知らない方は出来れば見て行って下さい 😮

ふくらはぎは、

  • 第二の心臓と呼ばれるぐらい需要
  • 普段はあまり使わない

な部位です。

鍛えれば

  • 体の血液循環が良くなる
  • 冷え性解消
  • むくみ解消

になります。

むくみや冷え性にお悩みの方は、ぜひ1度やってみて下さい 🙂

 - 筋トレ , , , , ,