【上腕筋を鍛えるダンベル・リバースカールのやり方】回数・重量の設定方法

      2015/12/09


0187050240566f34dc89da1aa58cc73a8540ae3919

今回は、腕の筋トレ・リバースカールのやり方についてです。
腕の筋トレに興味がある方は、よかったら見て行ってね 😛

Sponsored Link

リバースカールのやり方

0175bbabdc6bd5670ba0ca701321a7d81e376b9ab3

では本題のリバースカールのやり方についてです。
下の画像の①~②を繰り返し行って下さい!!

0177836b09e9b032c6d6bfe993fffb9698cc043f46

  • ダンベルを持って、手の甲を正面に向ける
  • ダンベルの位置は肩の真下辺り
  • 足は肩幅ぐらいに開く
  • 体は真っ直ぐする

0175bbabdc6bd5670ba0ca701321a7d81e376b9ab3

  • ひじを動かさず脇を閉めて、ダンベルを上げる
  • 上げる位置は肩の高さぐらい
  • 手首を動かさずに行う

常に意識して欲しい部分

  • ゆっくりと行う
  • 体を真っ直ぐに保つ
  • 脇を閉めて行う
  • ひじを動かさないようにする
  • 手首を動かさずに行う
Sponsored Link

鍛えられる部位

01a4e6c575ff8e21f4e311b322cc7e9e4896d97222

ではリバースカールで鍛えられる部位について書いていきましょう!!
鍛えられる部位は以下の感じ。

  • 上腕二頭筋(力こぶ)
  • 上腕筋(上腕二頭筋の下にある筋肉)

上腕筋はあまりメジャーな筋肉ではないので、知らない方もいるかもしれません。
この部位を鍛えると

  • 横から二の腕を見た時に、盛り上がりが出来る
  • 下から上腕二頭筋を押し上げてくれるので、大きい力こぶを作る事が出来る

カッコいい力こぶを作りたい方は、上腕筋も鍛えて行きましょう 😉

回数・重量の設定方法

01128325a1d68faa0661d11e0b8abd8dff6558a26c

では続いてリバースカールの回数・重量の設定方法について書いていきます。
設定方法は以下の感じがおすすめ。

  • 1セット5~10回ギリギリできる重量に設定
  • まだ筋トレに慣れない頃は10回に設定するのがおすすめ

ぜひ参考にして下さいね!!

 - 筋トレ , , , , ,