ブルースリーの脅威の筋肉を築いた筋トレメニュー公開!!

   

ブルースリー 

画像引用元:三毛猫アイリスの♪唯我独尊★

今回は、ブルースリーの筋肉を作り上げたトレーニング内容に関する記事です。
彼の肉体は、男の人なら憧れる人が多いと思います。
今世間で流行っている様な、細マッチョと言われてるようなただのガリガリ人間は細マッチョだとは筆者は思いません!!
ブルースリーの様な無駄な贅肉がなく、筋肉の塊の肉体こそが究極の細マッチョだ~!!
と筆者は思います。

Sponsored Link

腹筋

ブルースリー 腹筋

特に、腹筋トレーニングを重要視していて毎日行っていました。
ブルースリーの様な武道家にとって腹筋は

  • 相手の攻撃から自分を守る盾
  • パンチやキックなどを行う時に、ぶれない体を作る体幹

の役割と考えていたそうです。

ブルースリーの腹筋トレーニングとして有名なのが『ドラゴンフラッグ』になります。
ドラゴンフラッグは、様々な腹筋を行っていたブルースリーが好んで行っていた物です。
その為、かなり強度が高く『腹筋の王様』とも言われています。

私自身もドラゴンフラッグを行っていますが
様々な腹筋の中で、1セット10回以下で効いてる感覚を味わえる数少ない腹筋だと思います。

なので、ドラゴンフラッグを行いたい方は
まずは、シットアップなどの強度の低いトレーニングが楽々100回ぐらい行える様になってからする事をおすすめします。
楽々100回行える様になっても、ドラゴンフラッグはかなりキツイと思います。

一応最後にやり方の動画を載せて置きますね!!

動画でも言われているとおり
このトレーニングかなり強度が高い為、週1~2回程で充分だ思います。

ブルースリーのバキバキお腹を見て頂いたら分かる様に
食事にもかなり気を遣い、体脂肪率はかなり低く保たれていました。
そんなバキバキお腹を作った食事は以下の感じ。

  • 1日3食
  • お肉少な目、ご飯・野菜多め
  • 様々なサプリメントも飲んでいた

と言った物でした。

前腕

ブルースリー 前腕

像引用元:COWLUCK

ブルースリーは腹筋だけでなく、強いパンチを打つには前腕の筋肉が重要と言う考え方をされていて
前腕のトレーニングもかなり重要視してました。
ブルースリーがやっていた前腕トレーニングとして有名なのが

  • 指たて伏せ
  • 重りを付けた状態での片手懸垂

です。
このトレーニングによって、握力は

  • 80㎏以上
  • ジュースの缶を指でつぶす

くらいあったと言われています。

Sponsored Link

ウエイト

ブルースリー ウエイト

画像引用元:リアスタイル 健康 トレーニングと体メンテナンスのスタジオ

もちろんブルースリーは、ウエイトトレーニングにも重点を置いていました。
今でこそウエイトを行っている武道家が多いですが
当時は、『ウエイトを行うとスピードが落ちる』と言う考え方が主流だった為
パワーの向上ではなく技術の向上に努める武道家が多かったそう。

『古いスタイルと新しいスタイルを織り交ぜ、自分独自のスタイルを創り出さなければならない』と言う考え方を持っていたブルースリーは
いち早くウエイトを自身の練習に取り入れました。

この様に、ウエイトを取り入れる様になってきっかけは
友人であるボディービルダーとその友人が指導を受けながら、一緒にトレーニングを行っていた様子をよく見ていました。
指導を受けた友人の肉体がウエイトによって見る見る変わって行くのを見て、自身の練習に取り入れるのを決意したそうです。

ブルースリーと言えば、筋骨隆々の肉体を思い浮かべる方が多いでしょうが
ウエイトを始める前は、かなり細い体をしていたそうです。

ブル―スリーは様々なトレーニング本を読み漁って
量や重量や回数などを変えて様々なやり方でトレーニングを行っていって
自分自身のトレーニング法を作り出して行きました。

ウエイトは、週3回行っていて
ベンチプレス・スクワット・デッドリフトなどの大きな筋肉群を鍛えるトレーニングを重点を置き
補助で、上腕二頭筋や肩などの細かい筋肉を鍛えて行ったそうです!!

ベンチプレス・スクワット・デッドリフトは

  • 体全体の筋肉を万遍なく鍛えられ
  • それぞれメインで鍛えられる部位が、胸・背中・お尻・太ももと大きな筋肉群の為

効率良く肉体改造が行う事が出来る為、BIG3と呼ばれています。
これからブルースリーの様な肉体を目指したい方は、まずはBIG3からやられる事をおすすめします。
一応最後に興味が持った方の為に、BIG3それぞれの動画を載せて置きますね。

ベンチプレス

スクワット

デッドリフト

この様にパワーを重点を置いていましたが
スピードや持久力にも重点を置いていました。
なので、ランニング・自転車・縄跳びの有酸素運動の内どれかを毎日行っていました。

アイソメトリック

ブルースリー その他の筋トレ

画像引用元:究極の肉体!ブルース・リーのトレーニングメニュー

後、ブルースリーが行っていたトレーニングとして有名なのが
アイソメトリックです。

このトレーニングは
例えば、動かない壁がありますよね。
それを手で力一杯押して下さい。
そうすると、体の筋肉が力が入ってる事が分かると思います。

このトレーニングは、一般的な動的な動作によって体を鍛えるのではなく
上記で書いた様な静的な動作によって体を鍛えるトレーニングです。

みなさんも、家で暇で何をやる事がない日などに
壁などを力一杯押して体を鍛えて行ってもいいかもしれませんね。

以上が、ブルースリーが行っていたトレーニング内容です。
やはり、あれ程までの肉体を手に入れる為にはかなりの努力が必要なんですね。
ホント、感服ッス…

 - 芸能 , , ,