バーベルスクワットの正しいやり方について

   


amaGIMG_8604044130538_TP_V1

今回は、筆者がしんどくて嫌いな筋トレ
バーベルスクワットのやり方について書いていきます。

スクワットは、しんどいですが
体全体の筋肉の約70%を占める足の大きな筋肉群を鍛える
かなり重要なトレーニングです。

なので、ダイエットにも肉体改造にも
効果的な筋トレ言えるので
みなさん、がんがんスクワットをやって行きましょう!!

Sponsored Link

スクワットのフォーム

ookawa160214468579_TP_V

まずは、下の動画をご覧下さい。

正しいやり方

ookawa160214198601_TP_V

動画を見て頂いた所で、正しいやり方を行う上での注意点について書いていきます。

01929bb80406f0a9201dd19e9b1e7d4509a1ab3192

バーを持ち上げる前に

  • 肩甲骨を寄せる
  • 背中を曲げず、真っすぐにする

と言う部分を意識する様にして下さい。

足幅は、自分がやり易い物でやればいいと思いますが
大体、肩幅ぐらいか肩幅よりちょっと広めぐらいが一般的だと言われています。

足の向きは、内側に向けるのではなく
正面か少し外側に向ける
様にして下さい。

010fe6a835429ace8f806b4a6deab0c7d89724b1a3

上体を下ろす時に

  • お尻を後ろに突き出す
  • 背中を曲げず真っすぐ保ったまま
  • 太ももが地面と平行になるぐらいまで落とす
  • 曲げた膝が、足先と同じ方向に向くように行う
  • 重心をかかとに掛ける

と言う部分を意識する様にして下さい。

上体を下した際、ひざは少しぐらい足先より前に出てもいいですが
出来るだけ前に出ない様にしましょう!!
あまり出し過ぎると、ひざを痛めてしまいます。

スクワットをやられる際は、いきなり重い重量で行うのでなく

まずは、バーのみで正しいやり方を意識しながら10回前後行い
徐々に重さを上げていきましょう!!

Sponsored Link

バーの担ぎ方

amaGIMG_8604044130538_TP_V1

バーの担ぎ方は、3種類存在します。
まずは、動画をご覧下さい。

一応動画内容をまとめておきましょう。

0140f588138b2c2ec40ac3b4326670af4de7ae8c95

これが、首のすぐ後ろ辺りで担ぐやり方

0185bf705c797b35a0652e1ca9d697848039a4d608

これが、肩の後ろで担ぐやり方

01619b243ca7f64a76b89939db082bff6d9ac22803

これが、上記2つの中間部分で担ぐやり方

どれがいいかは?自分が一番やり易い物で行うのでいいです。
ちなみに、筆者は首のすぐ後ろ辺りで担ぐのがやり易いです!!

以上が、スクワットの正しいやり方でした。
結構、注意点が多く難しいく感じるかもしれませんが
何度も繰り返し行う事で、正しいやり方の取得する事が出来ます。

なので、始めうまくいかなかったとしても
めげずに何度を繰り返し行っていきましょう!!

 - 筋トレ , ,