【ダンベルの前腕筋トレ・リバースリストカールのやり方】回数・重量・休憩の設定方法!!

      2015/12/09

今回は、ダンベルを使った前腕の筋トレ・リバースリストカールについて書いていきます。
フォームが簡単で覚えやすいと思うので、前腕を鍛えたい方は見て行ってね 🙂

Sponsored Link

リバースリストカールのやり方

0143c2798ee7817af6a6052f2246642e548193be7c

下記の画像がリバースリストカールのやり方です。

01a5b58b635e9dace235a3f74730d9bc542440bfe5

  • 手首を垂らした状態にする
  • 手の甲が上を向いた状態で行う
  • もう片方の手で前腕抑える
  • 手首はベンチなどに着けずに行う

0143c2798ee7817af6a6052f2246642e548193be7c

  • 反動を使わずにゆっくりと上げる
  • 出来るだけ限界まで上げる様にする
  • 必ず前腕は浮かない様に行う

この①~②の動作を繰り返し行います。

凄く大事なポイントは、

  • ゆっくりと反動を付けずに行う
  • 前腕は浮かない様に行う

です。

両手でも行えますが、片手ずつ行った方が筋肉を意識しやすいのでおすすめです。
ベンチがない方は筆者の様に机を使っても行えますよ!!
どちらで行っても効果は変わりませんよ 😛

Sponsored Link

鍛えられる部位

012d5ec1047dd305c06b09dda1c54538182957f7c4

この筋トレでは、前腕の前の部分の伸筋群が鍛えられます。

伸筋群は手首を背面に逸らせる時に使う筋肉です。
さらに、半袖を着た時に人に1番見られる部分なので、鍛えればカッコ良くて強そうな腕を他人に見せつける事が出来ます 😀

前腕の後ろの部分の筋トレについてはこちらに書いてあるので、よかったら見て行ってね 🙂

前腕の後ろの筋トレについて

重量・回数の設定方法

0187050240566f34dc89da1aa58cc73a8540ae3919

リバースリストカールの重量・回数・休息の設定方法は

  • 1セット20~30回出来る重量で行う
  • 行う頻度は週2~3回ぐらい

てな感じがおすすめ。
前腕の筋トレは、他の部位の筋トレとは違い低負荷高回数で行う様にしましょう。
手首の筋肉は一度痛めてしまうと中々直りにくい部位なので、あんまり無理しては行わない様にしてください!!

 - 筋トレ , , , , , , ,